あなたを思って、今日という日が過ぎてゆけばいい。

#540 2006.09.03




好き。

本当に、ただそれだけの思い。

#539 2006.09.01




あなたの声だけが、どうしても。

#538 2006.09.01




今すぐにでも。

#537 2006.08.27




空は、やっぱり晴れていた。

#536 2006.08.10




両手いっぱいの紙くずと

両手から溢れたキミへの想い。
#535 2006.08.10




風鈴の音を聞いて、君を想う夏の午後。

#534 2006.08.01




無力なのに、笑うことさえ出来なくて。

#533 2006.07.31




全てのスイッチをオフにして、瞳を閉じる。

私はまだ、居場所を探している。

#532 2006.07.25




あなたを失うことだけを、ずっと恐れてた。

#531 2006.07.21




好きなんだ、やっぱり。

こんな私でも、あなたを精一杯求めてる。

#530 2006.07.10




飛べなくたって、風はキミを見捨てたりはしない。

#529 2006.07.03




鳴き方を忘れた、君はカナリア。

#528 2006.07.01




祭りより暑い人だかり。

これがロックフェス。

空は少し曇り空。

でも青空みたいな気がするのはなんでだろ。

Word by Atsuhiko Nakata

#527 2006.06.18




嬉しかったんだ、本当に。

大それた言葉になんて出来ないけれど、すごく、嬉しかった。

#526 2006.06.10




風は涼しく、僕らは勇敢だった。

Word by Kazunobu Mineta

#525 2006.06.10




傍に居られるだけで。

#524 2006.06.08




移り行く季節の中で。

#523 2006.06.08




ダークでメルヘンな君の瞳。

#522 2006.06.08




二人でいよう。

ずっと、ずっと。

#521 2006.06.05