甘くて優しい、あなたの声。

#420 2005.09.15




君の隣で、君と二人で。

#419 2005.09.14




明日もあなたが、笑っていられますように。

#418 2005.09.11




何よりも先に飛んでいって。

ずっとずっと、抱きしめていたい。

#417 2005.09.11




神様、どうかどうか

あの人の笑顔を守れる力を、私に下さい。

#416 2005.09.11




現実と自分の間に見えた、不透明な真実。

私には、信じられるはずなんかないのに。
#415 2005.09.11




くちづけから、止めどなく広がる。

この熱は、あなたの愛ですか。

#414 2005.09.10




嘘をつくなら、最後の最後まで。

#413 2005.09.09




伸ばした長い髪は、あなたに触られたかっただけ。

[ By JUDY AND MARY ]

#412 2005.09.09




私の知らないあなたが、そこには居るようで。

#411 2005.09.09




忘れられない、痛みになればいい。

#410 2005.09.09




ほら、やっぱり誰もいない。

#409 2005.09.09




あなたから与えられるモノには

精一杯答えていこうと思う。

#408 2005.09.08




いくつもの季節を、たった二人だけで。

#407 2005.09.08




あなたの夢を見た朝は

何か良いことがありそうだから。

#406 2005.09.08




私の瞳に、あなたが写るなら

あなたの瞳にも、私が写っているということ。

#405 2005.09.07




本当の人助けって、なんなんだろう。

#404 2005.09.07




ただ強く思うだけで、届けばいいのに。

真実の言葉は、いつも声にならないんだ。

#403 2005.09.06




あなたからの言葉を抱いて

あなたへの言葉を綴って。

#402 2005.09.06




沈黙さえも、愛しく思える人なんて。

#401 2005.09.06