なんてことない石にまで、頼りたいくらい。

失いたくない想いが強すぎて。

#400 2005.09.06




消えて無くなる、一瞬の光のように。

私の中に、あなたを焼き付けて。

#399 2005.09.06




好きだからこそ溢れる言葉に

意味なんかなくても。

#398 2005.09.06




温もりを感じることの出来る距離まで、早く、速く。

#397 2005.09.05




“俺がいないと、何も出来ないような女になるなよ”

#396 2005.09.05




痛みを分けあった、大切な人。
#395 2005.09.05




抱きしめられる感覚には、慣れていたはずなのに。

#394 2005.09.05




余計な詮索はしない方がいい。

知りたくもない現実を見てしまうかもしれないから。

#393 2005.09.05




こみあげてくる涙を何回拭いたら

伝えたい言葉は届くのだろう。

[By DREAMS COME TRUE]

#392 2005.09.05




この空の下に、あなたが居るから。

この空の下に、私も居るから。

だから、だから。

曇りだって、雨だって、好きになれる気がした。

#391 2005.09.05




泣かないよ。

家に帰るまでが遠足だからね。

#390 2005.09.05




一言だけ、“好き”

#389 2005.09.05




あなたと同じ場所で、同じ空を見た時間。

あなたと同じ場所で、同じ雨に降られた夜。

きっとまた、巡り来る。

#388 2005.09.05




何よりも、何よりも真っ直ぐに。

ぐんぐん奥まで入って来る。

あなたの声に、浸食される。

#387 2005.09.04




あなたのわがままで、困らせてくれたなら。

#366 2005.09.04




大事なところが全部欠けてる。

不器用なんて聞こえのいいものじゃないんだ。

ただ、ただ、思ったことを伝えることしか。

#385 2005.09.04




離れてしまわないように、繋ぎ止めておいて。

#384 2005.09.04




たった一瞬の温もりだとしても

それでも確かに、存在した。

#383 2005.09.04




そうやって過ぎてゆく、柔らかい時間の中で。

#382 2005.09.02




よっぽど不安なんだろうな。

二回もあなたの夢を見るなんて。

#381 2005.08.31